スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
kumako
スポンサー広告  

七夕

数日前、登園しながら七夕の話になり、「もう笹飾りは作った?」と聞いたわたし。
聞きながらまだ何のこと言われてるかわからないかもな。と思ったけど「スイカつくったよ」と
答えるので、ああもうそんなしっかり会話しちゃうか~と思った。そして
「ひこぼしさまとおりひめさまはかみさまにおこられた」と。なんで怒られたん?と
との質問には「えっとぉ・・・わからない」と答えてました。だよね、むずかしいよね。

昨日、明日は七夕だね~。スイカ作ったんだよね。と言うと、「ひこぼしさまもつくったよ」
と。そして「ひこぼしさまと、おりひめさまは、すきすきばっかりしてたから、かみさまにはなされ
たんやで。あかんなぁ。」と説明してくれました。好き好きばっかりしてた(笑)
そうだね、おかあさんも○○○が大好きだけどお仕事に行くでしょ?○○○もおかあさんが
大好きだけど保育園に行くよね。好き好きだけど、お仕事や保育園は大事だもんね~。と
答えておきました。かわいいかわいい。

毎日の小さな成長がかわいすぎる。そして背が毎日ぐんぐん伸びてるような気がして
母はうれしさみしい。でもやっぱりうれしいかな。4歳近くになってもまだあまり女子っぽく
自分で服を選んだりすることはないのですが、昨日はとんでもなく母の好みの正反対の
レースのどピンクのワンピースを選んでこれがいいの、と持ち歩いてまして・・・好みをばっさり
否定するものなんだけど、着せたくない感じだったので、長そでであったことを理由に
あきらめてもらい、かわりにピンクのパジャマを買いました。自分で選んだピンクのパジャマ、
保育園でたくさん着て寝るといいよ~。うちの保育園は1歳児から体操服なので、服をたくさん
持ってるムスメは宝の持ち腐れです。どうかきれいなままサイズアウトするこの服たちを
着てくれるきょうだいがやってきますように~☆がわたしの七夕の願いならぬ野望です。




kumako
日々のこと   0 0

5回目のお誕生日

今日は双子の5回目のお誕生日。


少し前からお誕生日だな~、もういくつになるのかな?なんて思ったりはしていたけど
直前になり仕事バタバタ・・・・昨日ふっと「あ!!!!!」ってなりました。薄情な母。
しかも思い出した場所は商業施設のトイレ。ムスメのヤマハがこの施設の中で、
レッスン前にトイレに行ってた時でした。音姫のボタンを「ここ押していい?」とうれしそうに聞き、
隣の個室から聞こえてくる音姫の音に「!!!」の表情でまんまるの目をしてわたしを
見るムスメが愛おしくて、今ムスメがここにいる奇跡の素晴らしさを実感。そしてこの奇跡をわたしに
授けてくれたに違いないふたりに感謝でいっぱいになり涙ぐみました。ええ、トイレの個室で。

毎年ムスメにはお寺に行くんだよ、お兄ちゃんがいるんだよと言っていましたが去年までのムスメには
なんのこっちゃ(笑) でも今年は違います。「おにいちゃん?だれのおにいちゃん?」 ムスメのだよ、
と言うと 「え?○○○のおにいちゃん?」「なんでおてらにいるの?」「どんなおにいちゃんなの?」
と一生懸命聞いていました。わたしもだんなさんも、今のムスメにわかるように、今のムスメに必要な
ことのみの説明をして、どんなお兄ちゃんだろうなぁ~きっと優しくてかっこいいお兄ちゃんだね。と
楽しく話しました。3つお揃いのジュース、3つお揃いのお菓子。ムスメが選びました。アンパンマンの
ラムネはもう5歳のお兄ちゃんたちには物足りないかも。

もう5年、早いです。もしも無事生まれていたら、今頃きっとすごく大変だったんだろうな。
すごく会いたかったし、あの時は辛かったけど、あの気持ちがあるから今ムスメとの日々を大切に
生きられます。感謝しかありません。どうか、ふたりも幸せでありますように。どこかに生まれ変わって
いるなら、どうか愛されて、笑顔でいっぱいの日々を過ごしていますように。



更新が滞りましたが忙しいだけで元気です。
ゆる妊活も一応ゆるーーーーーーーーーーーく継続。とはいえ今月は病院行かず、自己タイミング。
が、ゆるすぎてタイミングもろくに取れず。ま、いっか(笑)
kumako
日々のこと   0 0

ゆる妊活、継続するか、否か。

 今朝保育園にムスメを送りに行くと、ムスメのお気に入りのほのちゃん(1歳児クラス)
のお母さんが主任とお話し中。どうやら二人目だって。

ほのちゃんもまだ赤ちゃんなのにな~いいな~いいな~いいな~

 わたしにたくさんの温かい気持ちを残してくれた3回目の妊娠ですが、あまりにあっけなく
終わってしまったため、あまり意識にのぼらないんですが、ふとした時にさみしさを感じます。
先日も悪気のない職場のおばちゃんに「二人目は?さっさと産んじゃったほうがいいのよ~。
○○ちゃんとこは二人目よ!」と言われ、久しぶりに頭を殴られたような衝撃が。

 悪気ないんでいいんですけどね・・・言われてムカつく、とかいうより、ああ、この人にとっては
妊娠って当たり前にするもので、妊娠すれば当たり前に生まれてきて、産まれれば当たり前に元気に
成長するんだな。それを一切疑わないから人にもさらりと言えちゃうんだな~。この人とわたしの差は
なんなんだろうって思います。そして妙に落ち込むんですよね。

 今、とりあえず生理が来るのを待っています。いつ来るのかわからないけれど先日排卵のときと
おなじようなおりものがあったので2週間後くらいかな~と予測中。でも排卵いつだろう、とか
ああ、生理になりそうとかそういうこと一切考えず、今日の晩ごはんは何にしよう~ムスメはこれ
好きかな?食べるかな?とかそんなことばかり考えている毎日はとっても楽しくて楽チン。

 だからといってじゃあ今完全にあきらめる?・・・それはいや。じゃあまた通院しながら頑張る?
まあ通院と言っても排卵チェックしてもらってるくらいだから負担は少ないんだけど。通院せずに
頑張る?・・・排卵したのか、してないのか、そもそも育ってたのかとひとりイライラしそう。無理。
なんか答えが出ない感じです。こういうストレスが一番ダメなんだろうなぁ・・・


 妊活はやめない。やめないんだけどどう続ける? 悩みながらも時間はどんどん過ぎていきます。
ふぅ。




kumako
日々のこと   2 0

3歳8か月あたりの成長☆かわいくてたまらない
 成長記録です。 

 ・ほとんど普通に会話ができるようになりましたが、だからこそ、時に頭をフル回転しないと
  理解できないことが生じます。

  ム 「おかあさん、めみずがでたの!めーみーず!」 
  母 「・・・ねずみがでたの?(まさかね)」
  ム 「ちがうよ。めーみーず!だよ」
  母 「・・・めみずって?」
  ム 「おめめからおみずがでたんだよ、しらんの?めみず」
  母 「あ、目水ね!(プライドを傷つけないよう細心の配慮)
     それはね、涙のことやね!」
  ム 「あ!そうそう、それ!(ドヤ顔)」

  ・保育園が年少さんクラスになり、毎日献立の読み合わせでもしてるのかな?
  晩ごはんに鶏肉の梅味噌焼きを出した日のこと。パクパク食べてたムスメが突然

  ム 「おかあさん、みみかして!」
  母 「えーーー、大きい声でわぁ!とか言うの、ナシね」
  ム 「いわないよ。あのね、きゅうしょくもとりにくだったよ!」
  母 「え?マジ?」
  ム 「うん、マジだよ!きゅうしょくみてみ!」 キッチンに献立表を貼ってる。みると鶏肉の胡麻みそ焼き!
  母 「ごめんねー。かぶっちゃったね。」
  ム 「うん、いいよ。でもとりにくばっかりたべたらとりにく○○○(ムスメの名前)になっちゃうね!」

  ううう・・・ムスメがジュースばっかり飲みたがる時に「ジュースばっかり飲んでるとね、ジュース○○○に
  なっちゃうよ!」っていうのをそのまま返されたーーーー!

  ・先日の二人目騒動の時、明日の結果次第で入院だ、と思いぽろぽろと泣いてしまったとき、
  わたしが泣いてるのをはじめて見たムスメは非常にびっくりしながらも、「おかあさん、さみしいの?
  だいじょうぶ、○○○がおるから、ね。いたいの?おかあさん?だいじょうぶ、○○○がいるよ!」
  と一生懸命気遣ってくれました。そんなんだから余計泣けて、情けないけどワンワン泣いてしまったな。
  でも、それ以来、やっぱりムスメに涙は見せちゃいけないなぁって思いました。

  ・軽い気持ちでお母さんは鬼が島で働いてるんだー!っていったらば本気にされまして。
  先日お迎えが少し遅くなって保育園に駆け込んだ日、「おにがしま、いそがしかったの?」
  って言われてちょっと恥ずかしかったです。でもわたしも悪ノリしちゃうので、
  「そうなの、緑鬼が来てさー」「キジが逃げちゃって、犬に手伝ってもらったよ」とか話を膨らませます。

  ・親が働いてること、シフト勤務であることなどもしっかり理解し始めています。
  「きょうははだれおむかえ?え?おとうさん?じゃあおかあさんはおそいの?おそいけど、
  ○○○がおりこうにねてたらよるおふとんにおかあさんくるんだよね!」 いきますいきます、いきますとも。
  わたしが送りも迎えもする日はすごい喜びよう。そんな日は週1回くらいなんだけど、いつも頑張って
  くれて本当に感謝です。

  ・今年度から保育園の課外授業で英語と体育を始めました。普段の英語、体育のレッスンの先生と
  クラスのお友達(希望者のみ)なので最初からめちゃくちゃ喜んで楽しんでる様子。
  「きょうくりすせんせい、あさもあったのにゆうがたもあったんだよー!」とか「あさはたいいく、ゆうがたは
  たいいくくらぶなんだよ!」とか、とっても嬉しそう。それに加え日曜日にヤマハ音楽教室を始めました。
  3歳児のおんがくなかよしコース。わたしも3歳児のコースから始めたので一緒♪
  一緒にレッスンを受けるので緊張しながらも頑張ってるムスメが見れて楽しいです。難点はレッスンが
  日曜の13時半開始ということ・・・中途半端ー!!! おかげで最近は午前中公園→どこかでランチ
  →レッスン→お買いものかもう一度公園で帰宅コースに。がっつりおでかけができなくなっちゃった。
  おでかけは平日のお休みにとっておいて、日曜は近場ウロウロです。

 
  とっても生意気になってきたし、嫌なことはいや!とすごくしっかり主張してくれます。でも丁寧に説明
  すると意外に「あ、そっか。わかった!」と納得してくれることも増えて、理解力がついてきたんだなぁと
  思います。大変なこともあるけれど、たぶんとても育てやすい子なんだろうな。
  そんなムスメとの日々はただただ楽しくて幸せ。このままムスメ一人っ子の日々もきっととても
  しあわせな日々なんだろうなと心から感じています。



 


kumako
ムスメのこと   2 0

その後のこと

おひさしぶりです。バタバタとしていて、気持ちが落ち着かず、日にちがあいてしまいました。
体調を心配してコメントくださったみなさま、どうもありがとうございます。


ゆる妊活のその後ですが・・・結果としては初期の流産という形になりました。
残念なお知らせなのですが、こんなことを言うのは不謹慎かもしれないけれどわたしはとっても元気
なので、どうかご安心ください。強がりではなく、本当に大丈夫です。


38歳だもの。ラッキーなことに妊娠できたとしても、無事出産できる確率はそんなに高くない。
わかっていたことです。わかっていたけど、ゆる妊活の間、妊娠できる希望と妊娠にさえ至らない
んではという不安はあったけど、流産という予想はあまりしていなかったのが今思えば不思議。
でも、今回の妊娠は最初から双子の時やムスメの時とは気持ちが違っていて、それがその時は
なぜなのかわからず、長く待ったから?慎重になってるから?とか思ったり・・・胎嚢が見えないと
言われ、もちろん検索魔になったりもしたけど、泣くほど心配したり、祈ったりもしなかった。


たぶん・・・この子とはまたすぐに会えるような気がする。不思議なんだけど、そんな気分です。
妊活にも煮詰まってきて、もうあきらめようかなって気持ちがチラチラ出ていたわたしに
あきらめなくてもいいんだよ、と教えるために来てくれたような気がします。それに、あーついに
2人目ができたんだーとぼんやり思った日、とうとうムスメだけに愛情を注ぐ日が終わるのか、と
思ったんです。なんとなくさみしい気持ちで。ムスメの希望とこちらの都合だけをやりくりすればいい
気楽で楽しい日々…ひとりっこ育児だからこそできている甘美な日々が終わるのかーと思うのは
うれしさみしい不思議な気持ちでした。きっと妊活に煮詰まっていたわたしに今のしあわせを
気づかせるために、ちょっとフライングしてきてくれたんじゃないかな。


白状だけど今回の妊娠がわかって泣いたのは3回。1回目は陽性を見た日。2回目は正常妊娠
の可能性が消えた翌日、はじめてムスメが唐突に「はやくいもうときたいー(きてほしい)」と言ったとき、
3回目は子宮外妊娠の疑いがあると言われ、検査結果が出る前日。結局いちばん泣いたのは
子宮外だったらどうしようという自分の不安やムスメはわたしの入院中どうなる?という心配で
赤ちゃんのために涙を流すことはほとんどなかったです。こんなお母さんでごめんね。
実際、流産の悲しみより子宮外だったら、という不安の方が強くて、自然に出血が始まり、このまま
流産になる可能性が高いなぁといわれるや否や気持ちが落ち着いてくる始末でした。
そこでようやく赤ちゃんに向かって「来てくれてありがとう、がんばってくれてありがとう」と
気持ちを向けられるようになり、「帰らなきゃいけないんだね。でもきっとまたすぐ会えるよ」とお腹に
話しかけていました。どうか届いていますように。


わたしのお腹に来てくれてありがとう。短い間だったけど、来てくれたことでまた元気に日々を
過ごしていく勇気がもてたよ。あなたのために祈ったり泣いたりしてあげられなくて、自分の心配
ばっかりしていてごめんね。でもそんな未熟なわたしのために、そっと自分でお空へ帰った
あなたが今とても愛おしいです。あきらめなくていいこと、今のわたしもとても幸せであることを
伝えに来てくれたんだと思っています。そしてムスメがお姉ちゃんになる準備も手伝ってくれた
んだよね。きっと、またすぐに会えると信じています。どうか、また来てね。そしてその時は
たくさん困らせてくれていいから、元気に生まれてきてほしいな。




あまりにあっさりと終ってしまい、バタバタしていると妊娠なんてなかったんじゃ?と思うことも。
でもそんな中でもいろんな気持ちを感じることができ、たくさんの気づきがありました。
これもわたしの大切な思い出。これからのわたしを作っていく、大切な経験だと思います。

今は2週間後の検査を待ち、HCGが0になれば再びゆる妊活を始めます。
会える気がするけれど、会えなかったとしてももう大丈夫な気がします。それが自分の
運命だと思って生きていける、今はそんな気持ちです。今は(笑)

コメントくださったみなさま、心配してくださったみなさま、ありがとうございます。元気なんだけど
もう一度コメントを読むと泣いてしまいそうなので、今回の記事をお返事にかえさせて頂きます。
また元気に日々を過ごしていきますので、どうぞよろしくお願いします☆☆☆







kumako
ベビ待ち   8 0

PREV | HOME | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。