スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
kumako
スポンサー広告  

カラスはカァカァ

 新年度がスタートしましたね。ムスメは3歳児きりん組に進級。
お友達4人が抜けて新しいお友達がふたり入り、担任の先生ももちあがりではなく
新しい先生になりました。(母もまだどんなせんせいかわからない)
何日も前から「もうすぐきりんさん~♪」「きりんさんなったらせんせいはひとりだけやで!」
などと楽しみにしていたけれど、やっぱりプレッシャーを感じているのか朝の別れ際ははちょっとだけ
モジモジしていました。きっとすぐ慣れるんだろうけど、小さなからだとあたまとこころでいっぱい
考えたりガマンしたりドキドキしたりしながら過ごしているんだろうな、と思うと愛おしい。
せめておいしい夕飯を用意して、ふかふかのお布団でぐっすり眠らせてあげたいと思います。


 そんな今朝の登園時、電線にとまってるハトを見たムスメ。立ち止まり、「あ!カラスや!」と
言いました。ハトやで、と言おうとしたその時、ムスメがハトを見つめたまま考えている顔をしていました。
すると「あれ?ハトかなぁ。」「カァカァゆうてへんなぁ。カラスはカァってゆうもんなぁ。」と。
自分で分析し、ハトだと気づいたようでした(笑) コッテコテ大阪弁で朝からお疲れ様☆癒されました。


 新年度、わたしの仕事もいろいろと忙しくなりそうです。いやだー!!!
先日ついちょっとした出来心で「おかあさんは鬼が島で働いてるねんで!」なんて言ったもんだから
「きょうもおにがしまいく?きょうはだれのどうぶつがてつだってくれるの?」とか聞いてくれます。
「昨日はキジだったから今日は犬かな」とか真顔で答えています。今年度中には真実に
気づくことでしょう。何はともあれわたしもがんばらなきゃー!

 
kumako
日々のこと   2 0

ムスメのおねがい☆
 先日の仕事帰り。先にムスメをお迎えしてお風呂に入れてくれているだんなさんから
LINE。「○○ちゃんがお母さんにお願い事があるそうです。帰ったら聞いてあげて。」

におう。なんかにおう。本当にムスメのお願いか?あなたのお願いじゃないのか?
この日、わたしは20時帰宅という中途半端なシフトだったため、夕食(炊き込みごはん、
鯖のみぞれ煮、小松菜の胡麻和え、おみそしる)を用意したうえで出勤しています。
だんなさんは17時にムスメをお迎え予定だったので、ムスメがおなかすいてるようなら先に
食べててね、と言ってありました。におうなぁ・・・メニューが気に入らなくて外食したいんじゃ
ないのかしら。

 帰宅するとお風呂から出たばかりのムスメ。あ!おかあさん!!おかあさん、おかえり!!!
と大歓迎してくれました。ねえ、おかあさんに何かお願い事があるの?と聞くと、だんなさんの
顔をちらっと見て、神妙な面持ちで小さい声で

『かれーらいす、たべたいねん。おさかなは、あしたたべるから。』

だって。あったりー!ふたりで結託して夕食のメニューを変更したなー!
キッチンに行くと近所のテイクアウトのカレーに、ふたりで一緒に切ったらしい野菜やりんごの
すりおろしをいれてムスメ仕様にされたものが出来上がっておりました。やられた。
だんなさんが言うには、帰りにカレー屋さんの前を通った際にムスメがカレー食べたいといい、
でも今日はごはんがあるよと言うと泣きだしたそう。今日のゴハンは必ず明日食べると
約束して買ったようです。・・・へぇ~(疑)

 ムスメはカレー好き。カレーライス、カレーライスのおうどん、カレーライスのちゅるちゅる(ラーメン?)
のリクエスト率高め。ちょっと前まではカレー<ハヤシだったんですが、逆転です。
しかも先日雪遊びに行ってゲレンデでもカレーが食べたいといい、大人用のカレーを
『あ、ちょっとからい。おみず、おみず。』と言いながら食べてました。カレーの王子様は
あまり好きじゃないみたいでバーモントの甘口を食べさせてたんだけど中辛イケちゃうんかしら。




 一人っ子についての記事、コメントありがとうございました。ジーンとしたり、考えさせられたり。
きっと読んでくださった方々にも重い気持ちやもしかしたら不快な気持ちをもたせてしまった方も
いらっしゃるかもしれません・・・。一人っ子だから、とかきょうだいがいるから、とかそういうことが
人の幸せを左右するものじゃないってことはわかってるつもりなんだけど、引っかかっちゃうって
なんなんやろうなぁ?とかいろいろ考えながらもう少し深めていきたいなぁと思います。

 ひとりで考えてるとモヤモヤぐるぐるしがちだけど、こうして気持ちを言葉にして、さらにそれを
読み返したり、それについて意見をもらったりすることで気持ちが整理されていくのを実感して
います。そんな場を与えてくださる皆様に感謝しています☆
 

kumako
日々のこと   4 0

ムスメのおかげ

 今月もリセットが確定し、少しがっかりしていました。そんな日に限って泊まりの勤務
だったし・・・どんより落ち込むほどではなかったけれど、ふとした時にあーあって思ったり
逆によし!来月からも頑張ればいいやん!と開き直ったり気持ちはグラグラしていました。

 そして今朝、勤務を終えて自宅最寄駅に着いたら入れ替わり出勤のだんなさんと
ムスメが駅まで迎えに来てくれていました。「あああーーー!おかあしゃん!!!」
と駆け寄って抱き着いてくれるムスメを抱きしめた瞬間、吹っ切れました。
ムスメを愛してる、ただそれだけで今は十分~♪

 一緒にお買いものして、ドーナッツ食べて、おうちで一緒にお洗濯して、最近ブームの
水筆遊びして(水を付けた筆でダンボールに絵を描きます。絵の具じゃないから汚れないし、
それでも絵の具っぽくてムスメ満足。)、一緒にごはんを作って、いっぱい笑っていっぱい抱っこして
わたしもヨシヨシしてもらって、ムスメのおかげでじめっとせずに楽しい休日が送れました。


 一人っ子はかわいそう、一人っ子はわがままに育つ、自己中心的だ、なんて言われますが
本当にそうなのかな?だんなさんは一人っ子ですが、マイペースではあるけれどわたしよりずっと
人に優しいし、わがままではないです。一人っ子をさみしいと思ったことはなかったとも言います。
たしかに親の愛を一身に受けるし、わたしもだんなさんもめったにムスメに声を荒げることは
ないけれど、それは一人っ子だからムスメに合わせやすくて余裕があるのは事実です。でも
一人っ子だから、とか関係なくダメなことはダメだと教えていくつもりだし、他人に対する思いやりや
優しさの心はきょうだいがいる、いないにかかわらず身に付けてほしいと思います。
きょうだいがいても心の通わないさみしいきょうだいもいるし、きょうだいがいたらわがままじゃない?
自己中じゃない?さみしくない?

 二人目が欲しい気持ちは事実だけど、もしできなかったら周りに↑こういうことを思われちゃう
んだろうなーと思うと純粋に欲しい気持ち以上に「うまなきゃ!」と思います。一人目ができないかも
と思っていた時は『子どものいない人生』を夫婦二人で歩いていくという覚悟をしなければいけな
かったけど、二人目不妊の場合は子どもはいるけど子どもを一人っ子にしてしまう、ということで
ムスメをも巻き込んでしまうような気持ちになっていたけど、たぶんきっとそんな風に思う必要は
ないのかもしれないなぁ。もちろん、成長していく中できょうだいほしかった!とかは言われちゃうん
だろうけど、でも、もしムスメの不満がきょうだいがいないってことだけだったとしたらそれって
ムスメの人生、なかなか幸せなんじゃないの?

 目の前のムスメがいつも笑っていられるように、いつかわたしたちから離れたところでも
強くたくましく生きていけるように、善悪を教えること、人に優しさを分けられるように優しい
気持ちで育てること、・・・そしてひとり娘に大変な思いをなるべくさせないようにわたしたち自身が
健康でいること。きっと大切なのはそういうことなはず。

  ・・・と語ってみたけど気にしぃなんで、そうはいってもなぁ、と思う部分もありますが。
難しい問題です。でもさらっと二人目を授かっていたらこんなに考えたり感じたりもしなかったかも
しれない。どんなことも、そこで腐るのか、そこから何かを得るのか・・・自分次第。

 今日わたしに元気パワーをくれたムスメに精いっぱいのありがとうを返して、明日も幸せな
一日を過ごしてもらえるようにわたしも頑張りたいし、それしかできないし、きっとそれだけすれば
十分なんだろうな。そんな日々の積み重ねの先に、願いがかなうといいな。わたしの願いも、
みんなの願いも♪



kumako
日々のこと   8 0

ひっさしぶりの自分時間

今日はお休み。ムスメは節分の豆まきがあるので登園。
いつも自分の休みの時はムスメもお休みさせているのですが、今日は特別。
今年度初の自分時間~♪

節分の行事があるってわかっているのに自分の休みを入れた理由はズバリ、片付け!
春からムスメはヤマハに通います。そのためには物置と化しているリビングと続きのお部屋を
きれいに片づけて、棚と化している電子ピアノをきれいに使える状態にしなければ!
ものがあふれているクローゼットを何とかしなければ!と思ったわけです。

で、ムスメを送ってから1時間、洗濯2回とクローゼットの整理がおわり、一息休憩。
ブログ書いてる時点でふたいき目入ってますが(笑)、ムスメは今頃鬼と戦ってるんだ!わたしも
片付けと戦うんだ!このままお昼寝しちゃいたい欲望と戦うんだ!という決意をここにつづって
また隣の部屋へ消えたいと思います。

1月終わりから鬼を怖がっていたムスメですが、昨日の夜、家族3人で鬼との向き合い方を練習(笑)

母 『鬼、怖い?』
ム 『おに、こわい』
母 『そっか、こわいか。怖いよね。でもね、ふえーんって泣いてたら、鬼は勝ったと思うで。』
父 『豆投げたらいいねん』←はしょりすぎ。
母 『怖いと思ったらぐっと鬼を睨んでな。こうして、鬼はー外っ!って思いっきりお豆を投げつけるねん』
父 『鬼だぞー!』
ム 『(父を睨み)おにはーーーーーしょと!』

完璧です。先生怪我しませんように。 今朝門の前で会ったクラスの女の子は自転車に乗ったまま
『おにこわいーおにこわいー』と泣きじゃくっておりました。ぱんだぐみ、どんだけ鬼を恐れてるんだ。
どんな怖い話を聞かされたのか。

わたしも心の中にいる怠け者鬼や、他人を羨む鬼、芸能人の妊娠ニュースに過敏に反応する鬼を
やっつけたいな。

さて、15時の鍼の予約までお片付けがんばります。そして16時に勇敢なムスメをお迎えします。




kumako
日々のこと   0 0

白おかあさん

最近、お風呂上りにやってくる謎の人。その名は 「白おかあさん」 。
ムスメお気に入りの我が家のニューフェイス。

その正体はフェイスマスクをした母(笑) 最近肌の調子が悪くって、安くていいから
毎日パックすると違うよ~という助言を受けてお風呂上りにマスクしてます。
初めて私のマスク姿を見たムスメは硬直。

ム「こわい・・・おかあさん?おかあさんなん?」
母「怖くないよ。わたしはね、白おかあさんだよ!お母さんのお友達なの。」
ム「え?おかあさんじゃないの?しろおかあさん?」
母「そうなの。お母さんに頼まれてムスメちゃんのお着替えを手伝いにきたの。」
ム「え?そうなん?おばけじゃない?」
母「おばけじゃないよ。怖くないでしょ?白おかあさんはムスメちゃんにとってもやさしいよ。」
ム「(わたしがいつもつけているネックレスを触りながら)でも~これしてるからおかあさんやとおもう」
母「ささ、それはさておき白おかあさんとパジャマ着よう!」

効果てきめん。就寝準備がはかどるはかどる(笑)

以後、白おかあさんが登場するたびに

「あ、しろおかあさーん!○○○もうしろおかあさんこわくないよ!きょうもきてくれたん?
しろおかあさんはおかあさんのおともだちやねんな!」とか、
「しろおかあさんはママのママやんな!(それじゃおばーちゃんでしょ)」
「しろおかあさん、またきてねー!」

とすっかり魅了されています。しろおかあさんはお母さんの味方なので、
「さっきお母さんが○○××って言ってたでしょ?あれ、わかった?」などとお母さんがムスメを叱った
ことをおさらいしたり、「お机の上にはさみが出しっぱなし。あれはあのままでいいの?」などと
ムスメに片づけを気づかせたりします。3歳という難しい年齢のムスメには母が言うことよりも白おかあさんの
言うことの方がすっと入ったりして「しろおかあさんがゆってた!」と正しい行動をしたりするので
こりゃしばらくやめられんぞ♪と思っています。ついでにお肌の状態も良くなってきた~♡

乾燥するこの季節にみなさまも良かったらお試しくださいませ。






kumako
日々のこと   0 0

PREV | HOME | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。