スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
kumako
スポンサー広告  

一周忌

今日は父の命日。


先日、一周忌を行いました。父の兄弟たちも来てくれて、いつもより
遺影の笑顔がゆるんでいたように思います。



お父さんがあんな形でわたしたちにさよならをしてもう1年。まだ1年。

お父さんの気持ちに気付いてあげられなかったこと。助けられなかったこと。
いまだ、なぜこんなことになったのかわからないこと・・・ぜんぶぜんぶ
悔しいけれど、もう、考えても仕方がない。
お父さんが、何も語らずに、すべて一人で胸に秘めたまま亡くなったのは、
それがお父さんの望みだったからだよね。きっと、家族のしあわせだけを
思ってくれたのだから、わたしたちのこされた家族は、しあわせになること
だけをがんばればいいよね。



いまお父さんは天国で、もう何も苦しくなく、何も心配せず、たくさんの
ご先祖さまと、新入りのかわいい双子と一緒に、楽しく暮らしていると
信じています。


一年前の昨日まで、わたしはまさか自分が自死遺族になるなんて・・・そして
その後に天使ママになるなんて思わなかった。でも、人生には思いがけない
つらいことがある。だから、今日を後悔しないように生きなければいけないこと、
教わっています。がんばらないとね。



お父さん、ありがとう。これからもわたしたちを見守っていてね。
そして・・・ひとつお願い。お母さんが結婚指輪を探していますw
なくしちゃったと落ち込んでいるので、どうか見つけてあげてください。
この1年、いちばんがんばったお母さんのために、どうかお願いしますww
双子のお世話は大変でしょうか?でも男の子、うれしいでしょ?
どうか、よろしくね。



スポンサーサイト
kumako
日々のこと   8 0

人生、本当に思いがけないことがありますね、
そしてつづいてしまうものなのかと思いました。
自分には関係ない、そんな風に思っていたことが
突如起こってしまうこともあるんですね。
私も去年は祖父の死、ベビ子がおそらにかえってしまった、
そして父の死(両親が離婚したのでもう何年も会ってないですが。)とつづきました。

Kumakoさんのお父様、かわいいやんちゃな双子天使ちゃんのめんどうを見ながら,kumakoさんご家族の事を見守ってくれていると思います。
お母様の結婚指輪見つかるといいですね。
2011/12/22 10:41 | | edit posted by さっち
そっか、まだ一周忌だったんですね。
あたし勝手にもっと前のことかと思ってました。

1年間、あっという間だったんでしょうね。でも、こういう節目でふと思い出すと、まだ昨日のことのように思い出してしまって寂しくなりますよね。

家族思いのお父さんだったんだろうなぁ。
お父さん、きっと見守ってくれてますよ!!双子ちゃんの子守しながらね。

指輪みつかるといいですね。
2011/12/22 16:46 | | edit posted by ねこのこ
本当に、人生って想像もしてないことが起こったりしますよね。
でもきっと、その度に強くなって優しくなれる気がしますよ。
悲しい事も1つ1つ、時が経つにつれ消化されていくといいのですが。

お父様はきっと今はもう悩みもなく、スッキリした気持ちでおられるんじゃないでしょうか。
この世に生きてる私たちは、前向きに頑張らなきゃね。

新しい年へ向けて、1歩1歩進んで参りましょう^^
2011/12/23 09:46 | | edit posted by おーこ
☆ねこのこさま
そうなんです。やっと1年。もう1年。

ほんと、普段はお父さんおやすみーとか、
お父さんピーンチ!助けて!!とか、そんなことしか
思わないんだけど、ふいにさみしくなって辛くなって
涙ポロポロの日もあります。

だけど、きっとベビちゃんたちと一緒。ずっと
一緒、つながっているのです。そう信じて、2年目もがんばります!
2011/12/23 22:23 | | edit posted by kumako
☆さっちさま
そうですね。続くのですよね、なぜか。

父の死のあと、双子の死までは死のことをいっぱい考えて
いました。(自分が・・・とかじゃないですよ)そして
双子の死のあとは生のことを。生と死って、ほんとに紙一重で
だからこそ命は尊いんでしょうね。

でもきっとつながっていますね。父はきっと、男の子ふたりが
かわいくて、一生懸命お世話してくれてると思いますww
2011/12/23 22:25 | | edit posted by kumako
☆おーこさま
そうなんです。きっと、もうスッキリしているんです。
父が亡くなった直後、会社の関係の人が来て、心ない対応で
とても不信感があったのですが、いまはもう、そんなことは
どうでもいいと思えます。父もきっと、そんなことにとらわれて
ほしくないと思ってるはず。

親でもこどもでも、お空にいる人たちはみんなわたしたちが笑顔で
毎日を一生懸命生きることだけを願っていますよね。がんばります♪
2011/12/23 22:27 | | edit posted by kumako
そうだったのですか…
大変辛い日々でしたね。
きっと家族思いのお父様だったのでしょうね。
双子ちゃんたちも、そんなお祖父様の傍だったら安心して暮らせてるかな?

今年もあとわずか。
心静かに、でも燃えるような情熱は絶やすことなく、来年に向けて頑張って行きましょう!
私も可能性がある限りは走り続けます。
2011/12/24 04:15 | | edit posted by Macorn
☆Macornさま
心静かに、燃えるような情熱・・・すてき、なんだか
とってもすてきです♪

いろんなことがあるのが人生・・・やっぱり後悔は
したくないですものね。その日その日を一生懸命
生きること、それしかできませんものね。優しい父
だったので、わたしがお友だちになった人たちの
あかちゃんのことも気にかけて、回ってるんじゃないかと
思いますww

2011/12/26 10:50 | | edit posted by kumako














 

http://watairo429.blog134.fc2.com/tb.php/308-2107316c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。