忘れないということ
なんとなく今日感じたことを書きとめておきたく
なりました。

スーパーへお買い物へ行きましたが、外に出ると
ますます双子のことを考えます。今までは
ひとりで歩いていても「3人なんだ~」としあわせだった
から、あーあ、ひとりぼっちだなぁってしみじみ
思いました。

買い物しててもずっとずっと双子のことを考えて
しまう。悲しい、というより、頭から離れない
という感覚。まだ2週間ちょっとだから・・・
当たり前と言えば当たり前かもしれないけれど、
今日はなぜかすっと「そりゃそうだな」と思えました。

慰められても、励まされても、癒されない。
そりゃそうだ、だって悲しいんだから。わたしが
欲しいのは慰めでも励ましでもなくて、ふたりに
帰ってきてほしいということ。でも、それはもう
あり得ない。だから癒されなくてもいいんだ、と。

ふたりを忘れない、悲しみを無理に消さない。そして
そのまま歩いて行くということ。傷を無理に治そうと
しないで、傷を抱えたままそれでも幸せを求めると
いうこと。難しいけど、それしか方法はないんですよね?
そして、先輩天使ママさんたちはみんなそうやって
暮らしているのかも。わたしにもできるよね?


今日は双子ちゃんとさよならしてから初めての
だんなさんの夜勤。久しぶりのひとりの夜です。
大丈夫かな、わたし。ドキドキします。



スポンサーサイト
kumako
日々のこと   4 0

天からの使命
昨日は私のブログを訪問してくれて、ありがとう。
今日はどんなふうにすごしていますか。

私の息子は染色体異常と内臓疾患のため亡くなりました。
早期に流産していてもおかしくなかったのに・・・
妊娠21週まで生きていました。
人工死産だったわけだから、もっと生きることもできた・・・

そんな重篤な状態で何を伝えようとして宿ったのか。

ここで私たちがダメになってしまったら・・・
あの子が宿り、懸命に生きた意味がなくなってしまう。
あの子は天からの使命で私のもとに舞い降りてきた・・・
あの子が命とひきかえに伝えようとしたのは何なのか。
私はただ泣くんじゃなくて、必死に考えています。

もうすぐ初盆ですね。
子供たちが笑って天へ帰れるようにしたいですね。

また私のブログへも遊びにきてください。
2011/07/21 09:32 | | edit posted by Keiko
それでいいんだと思います。

妙に前向きな日があったり、
妙に後ろ向きな日があったり、
悲しみは全然消えるはずもなく、
何をやってもここに生きてる心地がしない。。

そうやって時間が経つのを待ち
時が自然と癒してくれるのを待つ。。
自然と立ち直って行ける日がやってくると思ってます。

私も未だに2人がいなくなって
自分が一人ここに残ってしまったことに
むなしい気持ちになることがあります。何やってるんだろ。。って。
2011/07/21 19:14 | | edit posted by
☆Keikoさま
コメントありがとうございます。

21週まで・・・そしてとっても重くてつらい決断を
されたのですね。どんなに苦しい選択だったんだ
ろうと思うと言葉がありません。

わたしも、Keikoさんと同じように思っています。
お腹に宿ってくれたこと自体、幸せ。
ただ、今はさみしくてさみしくて・・・
でもこの辛さも母として必要なんですよね、きっと。
いつか、本当の意味でありがとうを言えるように
がんばりたいです。

これからもおじゃまさせていただきますね。
よろしくお願いいたします。
2011/07/21 19:15 | | edit posted by kumako
☆お名前のない方
コメントくださったのにお名前がなくて・・・
アメブロの方ですよね?そして双子天使ママ
さんですよね?
すみません、FC2はお名前入れていただかないと
いけないのです・・・。

そうですよね。割り切れるはずがないもの。
たぶんこの先、赤ちゃんができて、その子を
愛して暮らしても、この悲しみは形は変えても
残りますよね。それがあの子たちがやってきた
証だから。辛いけれど、わたしも少しずつ受け入れて
少しずつ進みたいです。口で言うのは簡単なんだ
けどなぁ・・・なかなか、むずかしい。
試練ですね。

2011/07/21 20:00 | | edit posted by kumako














 

http://watairo429.blog134.fc2.com/tb.php/164-48e1d8e0