スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
kumako
スポンサー広告  

家族の時間③
夜になって心配してくれていた母も合流して
帰宅しただんなさんと一緒に再度クリニックへ。
まだまだ他の患者さんもいっぱいいる中、
先生は時間をかけて丁寧に説明してくださいました。

とにかく、今はふたりともとても元気。鼻骨もあごの骨
もしっかりしているし、脳もふたつに分かれているし、
心臓だって4つの部屋に分かれていて弁もあって逆流も
ない。どこにも異常は見当たらない。ただ、唯一ふたりの
間に膜がない一羊膜であるということ。一羊膜はひとつの
お部屋にカーテンもない状態でふたりの赤ちゃんが
入っているため、赤ちゃんが動くことによってふたりの
へその緒が絡んでしまい、とても危険な状態になる可能性が
高い。すでに知っている知識でしたが改めて事実を
突き付けられ、泣いてしまいました。先生は優しく、
「それでも元気に生まれてくる双子もいるんだよ。
ママにできることは祈ることだけ。そしてこの子たちのために
いちばんいい病院を選ぶこと。双子だったら○○センターが
いちばんだから、明日わたしが直接先生に電話をしてあげる。
大丈夫。若い先生ばかりだけどみんないい先生ばかり。」

そして
「ここのクリニックに来たのも何かの縁だから。
本当はわたしがずっと見てあげたい、でもこの
クリニックは緊急の対応ができないから。
○○センターは遠いけど、ここは近いから
赤ちゃんが元気かな?とか不安な時にはいつでも
おいで。エコーしてあげるから。」と。
看護師さんもやってきてポケット超音波を
見せてくれました。「赤ちゃんを見れば安心できる
でしょ?いつでも来てね。」と。
とっても心強かった。あたたかかったです。
本当に感謝しています。

そして、ウルトラサウンドで撮ったとってもかわいい
ふたりの後ろ姿の写真をもらいました。ぴったり
寄り添って、小さい肩や細い腕がとてもいとおしかった。
こんなに小さいのにもうすっかり赤ちゃん。
この日がわたしがふたり揃った元気な姿を見た最後
でした。12w4d、不安で胸が潰れそうになりながらも
大丈夫、がんばろう。ふたりは元気なんだから・・・
と母もだんなさんもわたしもしあわせな気持ちを
強く強く感じていました。





にほんブログ村 マタニティーブログ 天使ママ・天使パパへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
kumako
マタニティライフ   2 0

双子ちゃんを妊娠するまでは、お揃いの服を着せたりしてかわいいなぁとかそんな風に単純に考えてました。
いざ自分がその立場に立ってみて、双子のリスク等いろいろなことを知るうちに命の重さを痛感しました。
一洋膜の心配を抱えて不安な毎日だったことと思います。
でも、いいクリニックと先生に診てもらえて双子ちゃんたちも嬉しかったと思いますよ。
お腹の中にいるあいだママのキモチ、感情すべて共感してるんだって聞きました。
私は病院に行くたび不愉快だったから、かわいそうなことをしたと後悔の日々です。
クマ子さんの双子ちゃんは先生たちの優しさも、ママが心強く思ったことも、きっと伝わってたんだろうなぁと羨ましく思います。
2011/07/15 22:32 | | edit posted by もこ。
☆もこ。さま
コメントありがとうございます。拍手へのコメントも。

すべての感情を母親と共感する・・・痛いです。
わたし、双子ちゃんに申し訳ないことをいっぱい
考えていたので。なんでもっと喜べなかったのかな、
生きている間に来てくれてありがとうって言ってあげられ
なかったのかな、と考えるととっても悔しいです。

たくさんのことを教えてもらっているけれど、ふたつの尊い
命をもってまでして・・・ていう気持ちもあります。
何としてでも産みたかったのに・・・

なかなか前を向くのは難しいですね。でももこ。さん。
周りに何を言われても、聞き流しましょう。
双子ちゃんと気持ちがつながっているのはママ。
何を思うのも、何をするのも、ママの自由ですよ。
またお話しさせてくださいね。
2011/07/16 13:56 | | edit posted by kumako














 

http://watairo429.blog134.fc2.com/tb.php/151-5aa4d7e2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。