生かされるいのち

 先日父の納骨をすませました。
母はしょっちゅうお墓参りをしている
ようです。お父さん、よかったねぇ。


 納骨の際、お寺さんから聞いたお話。
震災の東北でのできごと。ある奥さんが
台所に立って夕飯の支度をしているときに
ふっと前の窓を見たら、外に亡くなった
だんなさんが立っていたんだそうです。
そしてだんなさんは奥さんに向かって手招き
していたそう。

 不思議に思って、それでも奥さんはだんなさん
のあとを追って外に出て、どんどん逃げて行って
しまうだんなさんの後を追いかけて行ったそう
です。その時、ちょうど津波が来て、ご自宅は
全部流されてしまったそう・・・。
だんなさんを追って高台に上った奥さんは
助かったそうです。

 この世の別れが一生の別れではない、と
お話ししてくださいました。
わたしの父も、きっと見てくれているんだろうな。
双子を連れてきてくれたのも父なんだろうな。
(実は私、昔双子の女の子に憧れていて、
今でもときどき双子の娘を想像してました♪)

 亡くなってもなお、父はわたしたちを見守り、
わたしたちを生かしてくれているんだと思います。
遅くなっちゃったけど父の日でしたね。
お父さん、いつもいつもありがとう。双子が安定
するまで、もう少し見守ってね。




スポンサーサイト
kumako
日々のこと   1 0

そうですね。
お父さん、きっと見守ってくれてます。
お星さまかもしれないし、明るい太陽かもしれないし。
そっと、ずっと大切に思ってくれてますよ。
お父さんもそう思ってくれていること嬉しく思っていますよ。
2011/06/21 23:24 | | edit posted by プリン♪














 

http://watairo429.blog134.fc2.com/tb.php/141-44d2d693