スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
kumako
スポンサー広告  

生きていく、ということ
今回の記事はとても暗く、重い内容が
ありますので、読んでもいいと思われる方
だけ読んでくださいね。






このたびの地震で被災された方々、
大切な人を亡くされた方々、
その方々の痛み、苦しみが少しでも
癒されますように・・・


12月に父が亡くなりました。事故でも
病気でもなく、父の意志で。何があったのか、
父は誰にも言わなかったから、わかりません。
4月には元気にわたしの結婚を祝ってくれていたのに。
9月には一緒に旅行にも行ってあんなに笑って
たのに。母も、妹も、わたしも、父の苦しみ
を理解していなかった。助けられなかった。
それがとても悔しくて、苦しくて、つらいです。


今回の地震でもたくさんの命が失われました。
遺族の方の苦しみは、想像もできないほどのものだと
思います。だけど、わたしたちは残された。
父が亡くなってからずっと考えてきたこと、そして
今回の地震で強く感じたことです。わたしたちは
残され、これからも生きていく、ということ。


わたしはずいぶん前に家を出ているため、直後は泣いたり
落ち込んだりしていたものの、その後は比較的スムーズに
いつもの生活に戻りました。そしてときどきそんな自分が
こわくなります。なんで?父があんな風になくなっているのに
わたしはなんで笑ってるの?何で普通にごはんを食べて、
なんで買い物を楽しんでるの?わたしは父を助けられなかった
のに、やさしい言葉の一つもかけてあげていないのに、
父の人生は終わってしまったのに、どうしてわたしは生きて、
幸せになりたいと思っているんだろうって・・・

でも、それでいいですよね?わたしは生きていくのだから。
どんなにつらくても、それを背負いながら、父の死が教えて
くれた命の重さ、家族の大切さをかみしめながら生きていくのが
わたしの役目だから。これからどんなにうれしいことや
楽しいことがあっても、この痛みは消えない。消さなくていい。
この痛みと一緒に生きていく、それがわたしの人生だから。


こんなことをここに書くのはためらわれたけれど、
このタイミングで地震が起きて、たくさんの命が失われ、
たくさんの涙が流れて・・・今、書いておかないと、と
思ったので書いてしまいました。自己満足な内容で
不快な思いをされる方もいるかもしれません、
お許しください。


わたしはこれからも笑って毎日を過ごします。
泣いてしまう日もあるけれど、それでも笑って、
大切な人に、大切に思ってると伝えて、
いのち・毎日に感謝しながら生きていきますので
これからもどうぞよろしくお願いいたします。

そして被災地にも笑顔が戻りますように・・・
難しいけれど、一緒に生きていきましょう!
生きていれば、きっときっと、いつかなぜ
自分が生かされているのか、わかる日が来る。
生きていてよかったと思える日が来る。それを
信じて・・・。



スポンサーサイト
kumako
日々のこと   0

http://watairo429.blog134.fc2.com/tb.php/124-6896d13d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。