気づいたら2歳10か月を過ぎていた~2歳11か月間近の成長
 すみません。今月は記録を取っていなかったのでなんだかよく思い出せない~(涙)

 なので最近の記憶を掘り起こして・・・


・ ひらがなは完ぺきにマスターしました。なんでも読めちゃう。くもんのマグネット式の数字とひらがなの
おもちゃを持っているのですが、1日に何回もこれで遊びます。「おかあさん、いっしょにあいうえおしよー!」
って誘ってくるのですが、読めてはいるけど謎もいっぱい。「わ・・・わかめのわ!ろ・・・ろばのろ!ろっちゃんのろ!」
うんうん、順調。「お・・・おならのお!(なぜ?)よ・・・よぱんのよ!」 ちょっと待ったぁ!よぱんってなあに?
「よぱんやん。よぱちゃんやん。」おかあさん、知らんの?とでも言いたげな口調です。「め・・・めだかのめ!
り・・・りぼんのり!りーさまのり!」 えええ?ちょっとちょっとなに?だれ?「りーさま。りーさまのり!」
こんな感じでなんだか謎めいたあいうえお遊びが毎日繰り広げられます。 それから「お・・・おとうさんのお!」
というのでおかあさんもだよーと言うと「おかあさんはま!」だって。ママのま。謎。

・ 自分のことを○○○、と名前で呼んでいたけど最近は○○○ちゃん、とちゃん付けすることもあります。
特に悪いことをして見つかったとき、これ、誰がやったの?と聞くと「・・・○○○ちゃん」と。
自分でも悪かったと反省して気にしているときはうわーんと泣きますが、ふざけて「ハイハイ、どうもすみませんでしたー」
とか言うときもあり(怒)そろそろ母が本気で怒ったらめちゃ怖いんだぞということも教えていこうかしら。

・ 保育園が好きすぎて、保育園にいけない日は泣く。わたしも休みだったら平気だけど父と休みの日に
今日はお父さんとお休みだよ、というと「ほいくえん、いくのー!」と号泣します。大丈夫です、泣き終えると
ちゃんと父とも楽しく遊びます。先生が大好きで先生のセリフを完全吸収しては寝室やカーテンの後ろに隠れて
真似をしています。仏教系の保育園で毎日朝に仏の教えというのを暗唱しているのですが、昨日はカーテンの後ろから
「ほとけのおしえ。そこぬけにー、人を信じ・・・」としゃべりだしびっくりしました(笑) 面白いのでじっと聞いていると
続いて御仏の歌を歌いだし、「ハイ上手に歌えましたね。では座りましょう。」と先生になりきっていました。

・ ちなみに先月末の参観&懇談にて。参観は体育ローテーションと日課、知育活動をとても楽しんでいました。
体調があまり良くなかったこととたくさんの人が集まるのが苦手なせいで親子交流になるとグズグズしていました。
懇談では食事の際の足癖が悪いことを指摘され、それは反省。ひらがな、図形、標識、工作なんかに対する興味、
集中力がすごいので、家でも椅子に座らせての簡単な塗り絵やお絵かきをやらせるともっと伸びるのではないかとの
お話がありました。お友達との交流も盛んになってきて、今のところ心配はありませんねと言っていただけました。

・ 鉄子、大阪環状線内回りの駅を暗唱(汗) 保育園の日課のカードの中にあるみたいですが、天王寺~と
わたしが言うと「てららちょう~(寺田町) ももだに~(桃谷) ちゅーはし~(鶴橋)」 と大阪まで言います。
楽しそうだから今度乗りに行こうかなぁ。いや、人多そうだな。

・ お手伝い大好き!先日あわただしく夕飯の支度をしていたら「おかあさん、せんたくいれないと。
○○○がするね!」と言い、洗濯物を一生懸命取り込んでくれました。ほぼ全部やってくれて感激。その後も
「アイロンしてー」と言いながら手でしわを伸ばし「ぴったんこー!」と言いながら端と端を合わせて畳んでくれました。
かわいい、かわいすぎる。 お風呂では相変わらずわたしを洗ってくれます。背中は10分くらい延々と洗って
くれます。「もういいんじゃない?きれいになったでしょ?」と聞くと「まだきたない。」と答えます・・・汚くはないでしょ。

・ 「○○○おかあさんだいすきー!」が発展。「○○○おかあさんだいすきー。おかあさんも○○○だいすきやで。」
そうだよ、めっちゃ大好き。世界で一番大好きだよ!そういうの、なんて言うんだっけ?と聞くと満面の笑みで
「好き同士~!!!」と答えます。さらに愛の輪は広がり「○○○おかあさんだいすきーおかあさんも○○○だいすきー。
おかあさんはろっちゃんもだいすきー。ろっちゃんもおとうさんがだいすきでー○○○もおとうさんだいすきー!
みーんな好き同士ー!!!」 しあわせだね。

・ 赤ちゃんの頃から腕枕していたせいもあってずっとわたしの腕枕や腕を触りながら寝ているムスメ。今でも
腕が安心材料なのか、泣いたあとなんかは腕にすりすりしてきます。暑くなってきた最近の夜はべたべたこそしないものの
「おかあさん、おててください」と言い、はいどうぞ、と差し出すと「どうもありがとうごじゃいましゅ~」となでなで、すりすり。
お手手卒業も近いのかな。さみしいなぁ。

・ 先日車でトンネルに入ったとき。「真っ暗~」というわたしに「おかあさん大丈夫。○○○がいるよ。」と
いってくれました。そうだね、お母さんあなたがいてくれたら何でもできる気がするよ!!!


・ 困ることと言えば要求が面倒なことになってきたこと・・・無理難題を言う。たとえば寝る時間を過ぎてるのに
テレビ見たいとかごはんの前にプリンを食べたいとか。あ、プリンあんなに苦手だったのに克服→大好き
になっちゃって、もう大変。ちなみにカラメルソースのことをお汁と呼びます(笑)まあでもまだまだ余裕。
あと食事量が落ち着いてきて、好き嫌いをしっかり主張するようになってきたかなぁ。まぁでもこのへんも許容範囲。


 もうすぐ3才なんだって。夢のようです。





・ 



スポンサーサイト
kumako
ムスメのこと   2 0

4歳のお誕生日おめでとう

今年も無事に7月4日が過ぎました。双子のお兄ちゃんの4回目のお誕生日。

ムスメの育児と仕事の間でバタバタとあわただしく、感傷的に思い出すことの少なくなったお兄ちゃんたちだけど、
大切に心の中に生きています。4日はわたしは仕事でしたが、仕事帰りだんなさんとムスメと合流し、
雨の中お寺へ行ってきました。カッパを着て一生懸命歩くムスメ。お供えしたお菓子を欲しそうに見つめながら
「これは食べたらダメ?」と聞いたりして何となく何かを感じていたと思います。そんな天真爛漫なムスメを
見てだんなさんが「この子は3人分の人生を生きてるんだ」とつぶやきました。重荷を背負わす気はないけれど、
お兄ちゃんたちが感じるはずだった幸せや愛情は3人分感じられるよう頑張って育てていきます。

4年前、早く忘れなさいとか忘れて前へ進めとか、言われるたびに傷つき、忘れられるわけないと思っていました。
でも今年初めて、もう忘れてもいいんじゃないかと思えました。忘れる=思い出さないというのではなく、うまく言えない
けどもうあの子たちはわたしの中に生き続けるし、その事実はわたしが知っていればいいこと。
今のわたしの考え方、物の見方、生き方、すべてはあの子たちに出会えたからこそのもので、今のわたしがあるのは
あの子たちがいたから。だからもう、無意識でも大丈夫な気がします。

双子ちゃん、ありがとうね。4年間、ずっと執着してごめんなさい。ずっと心配かけたしどうして?どうして?と他の人
を羨んだり。でももう大丈夫な気がします。これからも時に温かくあなたたちを思い出したり、時には会いたいなぁと
泣いたりするだろうけど、あなたたちにもらった大切な人生が素晴らしいものであるように生きていきます。
あなたたちもどうか幸せでありますように。やっぱりこうして書くと涙が止まらなくなるね。

お誕生日おめでとう。
kumako
日々のこと   2 0

| HOME |