スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
kumako
スポンサー広告  

悩む、これぞ子育て。
今月は書きたいことがいっぱいあるのに、毎日仕事~ムスメのこと~家の用事~、で気づけば寝ている状態です。
充実はしてるけど、さすがアラフォー。疲労感が半端ないったらありゃしない。


さて、1歳になるまでただただひたすらかわいかったムスメ。イライラするってなんのこと?ってくらい、ムスメが
かわいくて、何をしていても癒されていたあの頃。そんな日々は瞬く間に過ぎ去り、今やムスメは怪獣に。
もちろんかわいくてたまらないんだけど、「お世話」中心だった時代から卒業し、子育てにあれこれ悩む日々
に突入して早数か月・・・まあ今の悩みなんてあと数年後には鼻で笑っちゃうような悩みなんだろうけれど
一応記録に残しておこうと思います。

先日保育園で参観&懇談がありました。そこでムスメが家で食べない、って話になりまして。なんせムスメは
給食では何でも食べる。(しかも毎日クラスで1番か2番に食べ終わり、おかわりする) それなのに家では
ちょっと歯ごたえのある野菜を出すとぶーぶー吐き出すか、最初から手を付けない。果物もバナナしか食べない。
まぁでも給食で食べてるし、みじん切りにしてとろみ付けたりすれば食べるし、まあいっか・・・って思ってました。
しかし、それはイカン!ということを指摘され・・・給食で食べれるのに家では食べないのはわがまま。
それをあっさり許していたらわがままが通ることを許すことになってしまうので、給食ほどの量が食べられないと
しても一口だけ頑張る、とかはしたほうがいい。好き嫌い自体はあってもいいけれど、嫌いでも食べなきゃいけない
ということが、のちに嫌なことでも頑張ることにつながっていく、みたいなことを言われました。特にムスメは
月齢のわりには言葉でのやり取り、理解ができるほうなので、お話してわがままを抑えていくようなことも
はじめてみては?とのアドバイス。

わたしもヘンにまじめなところがあるので、そんな風に言われるともう悶々・・・その晩さっそく食べないムスメに
イライライライラ・・・めずらしく怒ってしまいました。わたしは基本的に今はまだ叱るのは人を叩いたり、危ないことを
したとき(といっても今はハブラシくわえて走るとき)だけにしているので、野菜をべーべーして怒られたムスメは
キョトンとした顔。でも一瞬固まって、すぐニッコリ笑顔。そしてわたしのお箸を奪うと半分遊び食べではありながら、
器用にお箸に野菜をひっかけて食べてるではありませんか。
その様子を見て猛反省・・・。感情で怒ってしまった。ムスメが食べない、という事実以上に、ちゃんと食べさせられて
いない自分を指摘されたような、否定されたような気持ちになってしまっていました。ただその日は反省したけれど
じゃあどうしたらいいのか、ということがまだあまり自分の中で整理できておらず、数日間悶々としておりました。

少し時間がたった今、結論としては「まだ、そこまではいい」という気持ちです。あの日は先生の言葉以上に
ちゃんと子育てできてないね、と言われた気になってしまって、ムスメに「ちゃんとしてほしい」という自分の気持ちを
ただ押し付けてしまいました。でも今のムスメに「なぜ残しちゃだめなのか」「どうして食べなきゃいけないのか」を
言葉で理解してもらうのは少し早いと思います。それよりは頑張って食べたらお母さんが喜んだ、お父さんが
褒めてくれた、という体験のほうがムスメには伝わりやすい気がします。先生のおっしゃってることは正しいし、
わたしもいずれはそうなってほしいと思うけれど、その方向に向かうために、今はもう少しゆっくり時間をかけようと
思いました。
そして余裕ができてこちらのかかわりが変わるとムスメにも変化が。野菜を嫌がっていても「あら?じゃあお母さんの
お箸つかってみる?」って渡すと上手にひっかけて食べる、ちょっとお行儀悪いけどお箸にさして手渡してみると
食べる・・・「にんじんさん、かんぱーい!」と乾杯すると食べる・・・頑張って食べたら拍手で褒める、大喜びする
(実際めちゃうれしいのでこれは自然にテンションあがる)・・・するとムスメも普通に食べる。
ああ、これが大事だったんだーーー。先生はきっと、食べないならいいやーって終わらせてたわたしの心を
見透かしていたんだわーと思います。でも、悶々としたり悩んだり、ああ、わたしって間違ってるんかなと振り返ったり
したからこそたどり着いた結果なんだなぁと思うと、ああ、これぞ子育てなんだなぁという気も。これから
もっともっと高度な課題が目の前に立ちふさがり、そのたびにいっぱい悩んで、時に泣いて落ち込んで、そうして
自分たちなりの形を見つけて少しずつ進んでいくんだろうなあ。

危うく食事の時間が悪夢の時間になっちゃうところでした。もうしばらくは楽しく食べる工夫で乗り切っていこうと
思います。でも2歳を過ぎて、もう少し言葉でのやり取りが進んできたら、栄養のこと、食べ物から命をいただいて
生きてるってこと、嫌いでも食べる努力をするんだよってことを伝えていけたらいいな。

悩みながら親子ともに成長していく(そうであってほしい)子育て、始まっております。



スポンサーサイト
kumako
ムスメのこと   2 0

誰似?!
①我が家のムスメ、母のスマホを勝手にいじるのですが、すでにロックを解除する方法も覚え、
ついに勝手にツムツムするようになりました。毎日うれしそうにツムツムを開き、スタートボタンとか
リトライボタンとかタッチしてはツムツム・・・ほぼ毎回0点なんですが、それでもニンマリしながら
ツムり、ハートがなくなると「お~し~まい!」と言って消して終了。

このゲーム好き・・・誰似?! 


②今朝のムスメ、椅子に座って「パン、いい!ぎゅうにゅう、いい!」とまるで母は召使いかのごとく
朝食早くもってこい!とリクエスト。そして「ぎゅうにゅう、ちょうだい!」とおかわりリクエストをいただいたので
キッチンに戻り、牛乳を注ぐも切れたので、新しい牛乳を出して注いだら、「いや!!!そっち、いや!!!」
・・・。だってさっきのパック、もう空だもん って思いつつ「嫌だったの?でもこっちも牛乳だよ。おいしいよ。」
とコップを渡そうとしたところ、今にも「こんな牛乳ぶちまけてやる!」ってな勢いだったため、わたしも
コップから手を離さずにムスメが落ち着くのを待っていました。すると「こっち、いや、あっち、いい!」と
ぎゃおぎゃお泣きながら、コップを奪い、牛乳一気飲み!!!そして空になったコップを差し出して
「あっち、ぎゅうにゅう、い゛い゛!」 だって。 はい、空のパックに少し移して、そこからコップに注ぎました。

何のこだわりか知らんけど、嫌だからって一気飲みするってどんな根性?? 誰似?!


③アンパンマンのパズルがお気に入りのムスメ。普段はチャック付きのビニールケースに入れて、
キャビネットの上においてます。でもたまに遊ばせてるとき王子が来て、キャラをいくつかさらって
カミカミ・・・ムスメ、ひどく怒る。で、最近は王子がさらっていかないように見張りながら遊ばせてるんですが、
王子に足を噛まれたコキンちゃんをみるといつも「ろっちゃん、ぶちぶちった(なぜぶちぶち?)。
あーあ、ろっちゃん。」 「あーちゃん、こっきーん、ろっちゃん、ぶちぶっちった!ぶちぶち!!」と
必ず言います。

人の失敗には厳しい性格。誰似?! ちなみに自分が噛んだクリームパンダに関してはノーコメント。



コホン、正解発表・・・

①夫
②夫・・・いやわたし?
③わたし



おもしろい。ちゃんといろいろ遺伝しております(笑)
  
kumako
ムスメのこと   6 0

早すぎる、1歳9か月
早い早い早い。1か月、飛ぶように過ぎてムスメは1歳9か月です。

言葉、ますます増える。

・ 数字1から5まで言えます。が、5のおててで「よん」って言います。
・ ぎゅうにゅう、ちょうだい (朝、牛乳のおかわりをリクエストするときに言います)
・ ばっしゅ~!おっきーね!! (バスを見るといいます。)
・ 目・手・足 言えます。身体のパーツはほぼ理解しています。
・ おじぎり! (おにぎり。おにぎり大好き、というか海苔が好き。)
・ ばーたんは?ばーたんいい。(わたしの母が大好きで、帰ると次の日までばーたんは?ばーたんいい!と言います。)
・ らーいおん はぽぽっぽ(はとぽっぽ、ね) ちゅうちゅう(ねずみ) ぱんだ きりん
・ もも なし りんご=あぷ かき  ← くだもの という絵本が大好きで覚えた
・ ぼうち、いい(父の帽子がお気に入り) 
・ おんぶぅ の~(おんぶするの) だっとん の~(だっこするの) パンの~(パン食べるの) の~は動詞?!
・ みっちー(ミッキー) みっぴ(ミッフィー) 


自分の名前も言えるようになり、自分のもの!と主張するときや自分も行きたい!と訴える時に自分の名前を
連呼します。好きなおかずを並べた日にはおかずを一つずつ指して自分の名前を言います。マーキングかっ!

保育園に行くとき、「ちったん(チンパンジーのぬいぐるみ)、バイバイ。ワンワン、バイバイ。
ズズ(グーチョコランタンのぬいぐるみ)、バイバイ。あおむち(はらぺこあおむしの絵本)、バイバイ。」と
別れの挨拶をします。

賢くなって、朝父が服を着替えていると「とーたん、※■○☆(お仕事)」と言って父のカバンやら靴やらを運んで
きては渡し、「バイバイ、バイバイ」を連呼。そんなに急いで追い出さなくても・・・と寂しがる父。

反して大好きな母が出かけるそぶりを見せると顔色を変えて足にしがみつき「いやっ!あーちゃん、いい!!」
と出かけないでと訴えます。そして母が帰宅するとそれはすごい喜びようで、「あーちゃん!あーちゃんや!!」
「あ~ちゃぁぁぁん♪」と連呼し、何度も抱き着いたりチューしたりしてくれます。しあわせ♪

先日はバタバタと晩ごはんの準備をしていて、ムスメのお味噌汁をよそってテーブルに運んで振り向いたら、
食器棚を開けてわたしのお汁椀をとりだして「どーじょ!」って渡してくれました。すごいなぁ。よく見て、
よく理解してる~!

正義感なのかなんなのか、王子がいたずらしてるとめっちゃ怒る。泣きながら追いかけまわす(笑)
見事に奪い返すと得意げな顔で「はい、どーじょ!」「はい、あっとぉ(はい、ありがとう)」と言って持ってくる。
とうとう最近は王子が自分のおもちゃをカミカミしていても怒って取り上げようとする。これ、とっても危険なので
ムスメがエスカレートしてきたら王子を別室に避難させます。王子が朝、う○ちすると「うっちー、うっちー!
ろっちゃん(王子)、うっちーったよ!」と報告に来ます。王子、大迷惑・・・。

朝のNHKのテレビ体操が好きで、一生懸命真似して体操してます。この調子ならラジオ体操をマスター
するのは時間の問題かしら。たいそう終わるとずっとEテレ見ます。かなり集中してみることができるように
なって、朝支度するのがとっても楽になりました。テレビ見せすぎ?と思わなくもないけど、夕方は保育園
だから見せないし、仕方ないかなぁ。歌に合わせて踊ったり身体をゆすったり・・・見ていて癒されます。
で、なぜか親がテレビに合わせて歌ったり踊ったりすると「いや!」と怒ります。一緒に踊りたいのに。


楽しくてかわいくて面白い1歳9か月。楽しんで見守っていきたいです。







kumako
ムスメのこと   2 0

最近のムスメ
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
kumako
ムスメのこと  

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。