FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
kumako
スポンサー広告  

5歳のムスメ☆永遠のアイドル

夏が来てる!!!と思ったらもう夏が終わるー!!!
夏が終わると愛しのムスメは6歳になります。早いなぁ。
ムスメもついこの間まで赤ちゃんだったのに。


・ プリキュア大好き♪去年のシリーズほどではないものの、
今もハマっていて歌ったり踊ったり。特にダンスが本格的で
真顔で「ママ、ここのところがうまくできひんねん、なんでやろ。」
とか聞いてきます。さ、さぁね~いっぱい練習したらいいんちゃう?
と返すと「そうやね!」と別室にて自主練(笑)
そしてたまに「今頃プリキュアたち、テレビの中で何してるかな~」
なんて言います。なんてかわいい♪ほんとにテレビの中にいると
思ってるんだね。

・ 保育園でお友達とどんな会話をしているのか知りませんが、
おませなことも言うようになりました。テレビで芸能人の結婚なんかを
やっていると「え?結婚やるん?じゃあパパとママになって赤ちゃん
産まれるんかなぁ。」とか。「ママってパパと結婚してるんやんな?
ってことはぁ、プロポーズされたん!!やばっ!」とか(笑)
さらにわたしのネックレスを触るので「いつか○○○が大きく
なったらあげるね」と言うと「あ、それはいい。○○○は男の人に
買ってもらうからだいじょうぶ。」ですって。なるべく大きいのを
買ってもらいなさい。

・ しっかりした反面、まだまだ言い間違いとかもありかわいい。
弟が風邪で病院に行ったと知り、「○ちゃん、注射しなくてよかったね、
お胸ムナムナしただけやね!」・・・もしもしだよね。

・ 口答えは立派です。注意すればぶすくれ顔で「いましようと思ってた!」
とか。「せっかくやろうと思ってたのにママが言うから」とか。ムッカー!!!
でもきっとこれも成長。いつまでもかわいいだけじゃないですからね。

・ 危険なことも楽しいお年頃。お友達と帰宅が同じタイミングになると
親の制止なんか聞かずに走る、とか。まぁ友だちと一緒だと気持ちが大きく
なるのはわかるけど、帰宅したら鬼説教です。
先日はドライアイスのもくもくを観察していて、わたしがムスコのおむつ替え
のために背を向けていました。すると、ドライアイスが入ったお水のことを
「ママ、このお水のんだらしむ(しぬ)?」と聞いてきたので「死ぬで、アカンで。」
と何気に答えたところ、みるみる硬直するムスメ。「え?飲んだん?」と聞くと
いっきにパニックになり「知らん、知らん、知らんー!!!しらんーーー!!!」
と泣き出しました。たぶん、ちょっと舐めたな。
少しだから死んだりしないよ、でもやけどしたら大変だから触っちゃいけないよって
言ってるでしょ。お約束、守らないとね。と再度説明。「ほんとにしままい(しなない)?」
ととても不安そうでしたが、これで二度と危ないことはしないでしょう。

・ 弟に対してはとてもいいお姉ちゃん。びっくりするほどです。保育園の懇談
では先生から頑張りすぎなくらい頑張っている。もっと自分の気持ちを出しても
いいと思うけど、自分で自分の気持ちを整理してしまい、抑え込んでいるのでは
と言われました。わたしがそうさせてしまっているのかなぁ・・・と反省する
部分あり、もともとの性格もあるんだろうなぁと思う部分あり。いつも頑張って
くれていることを認めつつ、ムスメとゆっくりかかわる時間も大事にしたい
なぁと思います。

大きくなって、生意気にもなったけどやっぱりかわいいわたしのアイドル。
永遠に大ファンです。
スポンサーサイト
kumako
ムスメのこと   1 0

ムスメの成長記録を書こうと思ったら・・・

ムスメの成長記録も残しておこう、と思ったらムスコが緊急入院しました。
もうすでに退院し、元気になっていますのでご心配なく。

日曜日、義実家へ。ムスメと義母、ダンナさんはお庭で水鉄砲で遊んでおり、
そろそろ帰りたいわたしはムスコに授乳しておむつ替え。2日ぶりのう○ちが
出ていたのですが、なんだか色がヘン・・・赤っぽい?「赤ちゃん 赤い便」で
調べても、イチゴジャムのような便は危険と出てきますが、イチゴジャムではない。
レンガが混じったような・・・?しかしながら義実家の暗い照明、イチゴジャムでは
ない便、機嫌が悪いこともないムスコの様子に、ちょっと様子見てもいいかなと
判断し、大阪へ戻ることに。19時くらい。

車の中でよく眠るムスコ。帰宅してからも授乳してほとんど飲まずに寝てしまう。
そういえば夕方の授乳もいつもより飲みが悪かった気もする・・・不安になって
持ち帰ったオムツをもう一度開けてみる。義実家では赤く見えた便が自宅では
いつもよりやや濃いものの普通の色で、やっぱり照明のせい?気のせい?
と思いながら就寝。0時半ごろ、ふと目が覚めてムスコをみると吐いた跡がある。
飛び起きてムスコをだっこすると大量に吐く。それでいて泣きもせず、また寝入ろうと
するムスコの様子に異変を感じてリビングへ連れて行きオムツを開けると今度は
明らかな血便。イチゴジャムみたいという形容には当てはまらない気がするけど
もし腸重積ならすぐに診てもらう必要があるので出産した近所の総合病院の
救命救急を受診。血便が2回出たこと、嘔吐したこと、ぐったりしていることを告げ
小児科の先生が来てくれるのを待つ。その間ムスコは抱っこひもの中でわたしを
見上げてニッコリ笑う。なんで夕方来てやらなかったんだろうと申し訳なくて泣きそう
になるけど元気な様子に救われる。小児科の先生にオムツの便を見てもらい、エコー。
腸重積は6か月以降の子に多いこと、重なってしまった腸が元に戻ろうとする時に
激しい痛みがあるので泣き叫び、腸の動きがおさまると泣き止むのを繰り返すので
たぶん違うだろうと言われ、念のためエコー。エコーの間も先生に笑顔を見せおしゃべり
するムスコ。腸にガスがたまっていて全部きれいに見えているわけではないけど
腸重積は否定できる、胃腸炎かな?このくらいの子に血便は時々あることで、
心配ないことも多い。心配なら一晩入院してもいいけど・・・と言われたけれど、
今の時点で点滴するわけでもないのであればムスメもいるので一旦帰宅することとし、
翌日の再診予約を入れてもらいました。

翌朝7時前に授乳、少し飲んでくれたけどすぐに全部吐いてしまい、オムツを見るとまた
血便。下痢便に明らかな鮮血がたくさん出ているような感じ。ムスコ自身は泣くこともなく
静かに寝転んで、目が合うとニコッと笑ってくれるような感じだけど元気がない。
ちょうどだんなさんが休みだったので一緒に再診へ。昨晩診てくれた先生でオムツを見てもらい、
レントゲン。何らかの原因で小腸が腫れていて、今すぐ手術とかではないけれど一度小児外科の
先生にも診てもらいたいからと連れて行かれる。その間「急にこんなことになってビックリだよね」
とか言われ、どんな病気なのか、とめちゃ不安になる。小児外科で再度エコー。
先生2人と研修医1人の3人がかりで診てくださり、すぐに「腸重積だね」と診断される。
原因がわかり、少しホッとした。小児科では腸重積なら痛がるはずだと言われたけど
ムスコはまったく痛がることはなく、むしろ泣くこともなく、こういう場合もあるのかと聞くと
「よくありますよ」と言われた。すぐに整復が必要とのことでおしりから造影剤の入った浣腸を
してもらい、無事腸が元通りに。経過観察のため2泊3日の入院となりました。

整復で泣いたムスコはしばらく眠り、起きると元気にお腹すいたと訴えるものの翌朝まで
絶飲食。大部屋ではとても過ごせないと思い個室をとって正解。20時ごろまでワンワン泣いて
あきらめて眠りました。翌朝授乳解禁になるともういつも通りにムスコに戻り、
無事退院しました。

腸重積のポイントは痛がって泣き喚き、何事もなかったようにケロッとするのを繰り返す
こととイチゴジャムのような血便と言われるけどムスコはどちらも当てはまらなかった。
でも腸重積だった。こんな例もあるんだなあーとどなたかのお役にたてれば幸いです。
ちなみに退院後、パワーアップしたムスコの様子はまた後日お知らせしたいと思います。

kumako
日々のこと   0 0

ムスコの成長記録 4か月編
 ムスコ 4か月の記録を。

 ・ 首は完全に座っています。
  毎朝機嫌のよい時間にうつ伏せをさせていましたが、ムスメと同じく
  寝返りがえりを先に習得。初寝返りは6月29日。補助してあげて寝返る、を
  2回くらい練習した後、テレビを見ている間に自分で寝返り成功!
  うわーん見逃した!!!

 ・ 6月26日 肘内障にて受診。前夜の就寝時~起床から9時の授乳まで普段通り
  過ごしていました。機嫌よくころころと転がっていたのでお散歩前の身支度をしようと
  思ってお休みのだんなさんに任せていたら泣き始め、だんなさんが抱っこしても
  ダメ。次第にギャン泣きに。夜眠くなる以外でこんなに泣くことはないので変だな、
  と思い様子を見ていると、だんなさんが右腕を曲げないことに気づく。普通に抱っこした
  つもりだったけどもしかして変な抱き方して抜けたのかな、と心配そう。たしかに腕を
  だらんとした状態だと泣かないけど曲げようとすると激しく泣くので、そうかもしれないと
  整形外科受診。すぐにいれてもらえ、ニコニコに。引っ張ったりは気を付けること、
  また引っ張らなくても寝返りで腕が抜けずにバタバタしているときに抜けちゃうことも
  あるからしばらくは気を付けてみるように言われました。 

 ・ 朝は5時台に起きます。フエフエ泣きながらの時は授乳してもう一度寝かせますが
  シャキーンとご機嫌にニコニコ起きているときは仕方ないので付き合います。
  (といってもわたしは隣で転寝している) 朝は機嫌がよく、バウンサーに座って
  母と姉が朝食をとるのをニコニコ見ながらバウンサーのおもちゃで遊んでいます。

 ・ 8時ごろから眠くなるのかグズグズし始めます。姉の登園に同行するため抱っこひもに。
  抱っこひも大好き!うれしくてうれしくて母の顔を見つめてニコニコ。園までは徒歩5分
  だけど、その間に寝てしまいます。そのまま9時ごろまで抱っこひもでねんね。

 ・ 天気が良ければ母と午前中の散歩。がっつり母の用事があるとき(買い物等)は抱っこひも、
  ただのお散歩のときはベビーカー。ベビーカーは眠くなると泣き叫ぶことがあり、母に若干
  苦手意識アリ。それでもムスメのときよりはましかな。

 ・ 3か月ごろからお昼寝が苦手になりました。授乳や抱っこで寝入ることはできても下に
  置かれるとすぐ起きちゃう。そんなこんなでお昼は10分~30分くらいのお昼寝を1回~2回
  するのみ。でも4か月に入って2回ほど1時間くらい眠る日があったので、改善傾向かと
  期待してます。金曜日以外は16時お迎えなのでそれに合わせてベビーカーで夕方のお散歩。

 ・ 17時半ごろから黄昏泣き。なのでこの時間帯は忙しい。日によってごはんを先にしたり
  お風呂を先にしたり、ムスメの希望とムスコの様子で調整しながら19時半までにはムスコを
  寝かしつける。   

 ・ 3か月になったころから授乳や抱っこじゃなく下において寝かしつける練習をしていますが
  10日ほどでマスターしたムスメと違い全然できるようになりません。あまりにも泣くので
  こちらの心が折れる&ムスメがとても心配するので抱っこで落ち着かせたりするからなのか
  もしれませんが。2日ほどでトントンで眠れた日があり安心した途端、翌日から逆戻り~を
  繰り返しています。

 ・ 夜間は調子がいいと7時ごろに就寝 → 3時前後に起きて授乳 → 5時~6時起床
  普通なら7時ごろに就寝 → 0時過ぎ → 3時過ぎ → 5時~6時起床
  調子がとっても悪いと日付変わる前に起きてその後2~3時間おき・・・
  朝までとは言いません。でも高齢母はしんどいので2回以上おきると翌日全く動けない。

 ・ よく笑い、よくおしゃべりします。か~わいい!バウンサーや授乳クッションにもたれて
  座らせているときにかまうと喜び、かまうのをやめると腹筋を使って(!)ぐいっと起きて
  こっちを見ます。3か月過ぎからよだれがだらだらに。スタイが欠かせません。
  自分の指やこぶしもよくしゃぶっています。これもムスメはまったくしなかったので
  へぇ~って思いながら見ています。

 ・ 生まれたときは誰にも似てない、と言われたムスコ。その後1か月~2か月にかけて
  母似(というか、父に似てないので母か、っていう感じ)になり、3か月で母似に、
  4か月になった今は父に似てきたと言われるようになりました。ムスメとは違う感じ。
  全然なかった前髪は今は前髪のみ濃くなってきて、それはそれで不思議な感じ(笑)

 ・ 眠い時は母しかダメだけど、それ以外では父が好き。父にあやされるとめっちゃ笑う。
  めっちゃ悔しい。姉のことも好きで世話を焼かれてはうれしそうに笑っています。


  かわいい~そして早い!最後だし、ゆっくり大きくなってと思っていたけど本人が
  興味津々のようなので離乳食も8月には開始かな。なんか、すごい食べそうな気がします。
  あっという間に新生児から赤ちゃんになり、ずいぶんしっかりしてきました。
  大変だなぁと思うこともありますが、一緒にいられて幸せです。


kumako
未分類   0 0

夏が来てる!!!
 季節が変わってる!!!

 ご無沙汰しております。元気です。


 ムスメは相変わらず元気いっぱい、弟LOVEの可愛いお姉ちゃんです。
 ムスコは生後4か月をすぎ、今日初めて寝返りをしました。母が何かを食べていると
身を乗り出してその食べ物を見つめている食いしん坊です。

 先日の大阪の地震は震度4だった我が家。わたしは娘を園に送るための身支度を
洗面所でしていました。どーんという大きな音の直後に激しい揺れがあり、地震だ!と
急いでリビングへ行くと、しっかり者のムスメは硬い表情ながらちょうどテーブルの下に
隠れようとしており、あわてたわたしはムスメを抱き寄せて安心させようと思った直後
「あれ、もうひとりは?」とムスコの存在を思いだし、ベビーベッドでキョトンとしているムスコを
抱いてテーブルに一緒にもぐりました。大反省。守るべき子が2人になったんだよなぁ。
実家が震源地に近く、家具や家電が倒れ、食器が割れ、大変だったのですが今は落ち着き
を取り戻しています。被害の大きなところもあったので心が苦しいですが、おかげさまで
家族は無事。これを機に防災用品の見直しもしないとな、と思いながら毎日が飛ぶように
すぎてしまっているのが現状です。


 このブログもどうしたものかと思いつつ、やっぱりやめるのは忍びなく、細々と続けて
いけたらいいな。で、写真のアップロードも久々すぎて全然できず、とりあえず1枚だけ、
しかも寝てるから限定じゃなくていいやっと出しちゃいます。汗疹ができているのでお昼寝前に
シャワーを浴びてすっきりし、クーラーの効いた部屋で生湯たんぽ(王子)入れて昼寝するという
贅沢な時間を過ごすムスコ。でも1時間足らずで起きてしまったので、仕方なく、仕方なく
一緒に寝てもう1時間半眠ってもらいましたよ。

IMG_7826[1]_convert_20180629163207

 この肌着はムスメのおさがり・・・だからちょっと女の子っぽいの。ごめん。

 体重6750gくらい。ちなみにムスメはこの頃まだ6000切っていたのでやっぱり
男の子は大きいなぁと思います。ムスコの成長記録も残さねば・・・次回また頑張ります!
 
 
kumako
日々のこと   2 0

出産の記録 3
今日こそ完結するぞ。


個室に移りたいのに看護師さんが去ってしまい、また気を使いながらベッドに座り、
テーブルに突っ伏して痛みが来たら握りこぶしでマットレスを叩いてやり過ごす。
あと何時間こんな状態なのーと思ったらすぐ看護師さんが来て「分娩室へ行きましょう」と
言うのでびっくり。まだ5センチですよね?もっとかかりませんか?と聞くと
経産婦さんはここから早いからとのこと。車いすで運ばれながらダンナさんに電話して
出動要請。分娩台に上がると子宮口7センチ。5時過ぎにダンナさん到着。ムスメの時の
様子から実はあまりだんなさんには期待していなかったのですが、それまで一人で耐えて
いたせいか急に気持ちがゆるんで痛いよーと訴えてしまいました。
まだいきんじゃだめだよね~と思ったけど『いきみたかったらいきんでもいいよ』と言われ
2回いきむと子宮口全開に。はやっ!さっきまで普通に過ごしていたのにもう生まれるの?
と半信半疑だったけど、ここへきて不覚にも体力が限界になり、急激に眠気がきました。
いきんだ後ぐったり・・・ああ、ろくに食べてないもんなぁ・・・ちょっと寝よう・・・(おいっ)なんて
思い、一瞬寝落ちるような感覚にも。痛みでハッと我に返り、でも力が出なくて十分にいきめず、
またぐったり・・・を3回ほど繰り返した後、これじゃいかん!やるしかない!と急にやる気になり、
最後の力を振り絞っていきむこと2回か3回、もう力抜いていいよ~という声が聞こえたけど
ありったけの力でいきんでいたので力の抜き方がわからなくてたぶん力を入れ続けていたら
「もういいのもういいの、力抜いて、手を前で組んで、ほらみてみてみてー」と言われて
のぞくとムスコがツルンと出てくるところが見えました。

元気な産声。なんてかわいい・・・涙があふれました。3088g、羊水混濁はあったものの
元気いっぱいの男の子。まんまるなお顔、長い指、白い肌、うすい前髪(笑)・・・
産まれたんだ~と信じられない気持ちで、でも何とも言えない幸福感に包まれていました。
胎盤もするんと出て、今回は切られなかったので切開なしでいけたんだ~と思っていたら
「裂けたんで縫います」といわれびっくり。いつの間に?そんな痛みは全然感じなかった
んだけどなぁ。

陣痛が本格的になってから3時間ほどの安産でした。でもスタミナ切れがきつかった。
痛みも凝縮されてた感じで苦しかった。でも今すやすや眠ったりニッコリ笑ってくれる
ムスコを見ると全部吹き飛んでしまいます。不思議です。分娩台の上でだんなさんに
「もういい、もう次はないわ。」と宣言しましたが、退院後、痛みも疲れもすっかり忘れ、
凍結胚の保管更新を考える際、もう絶対ないとは言えなくなって1年の更新手続きを
しました。頭ではもう40歳になったし、経済的にも2人が精いっぱいかな~と思うのですが、
少しはある3人目の可能性を今すぐ切ることができず、とりあえず延長です。
ちなみにだんなさんはもう一人ほしいらしい・・・いけるか?


今日で生後43日。3088gだった体重は4380gになりました。お顔にはぷつぷつと乳児湿疹
がでてきました。お風呂が大好きで湯船につかるとピタッと泣き止み、お口を開けて
恍惚の表情を浮かべています。毎日午後~夕方にかけて爆睡タイムがあり、良く眠ってくれます。
ムスメとは生まれたときから勝手ではありますが一体感みたいなものを感じていましたが、
ムスコに感じる愛情は一体感とは違い、ただただ可愛くて愛おしい存在です。ムスメも相変わらず
ムスコが大好き!毎日「○っちゃん、ねえね、保育園行ってくるけどすぐ帰ってくるから心配
しなくていいよ。ママとおうちで待っててね。さみしくないから、ね。」「○っちゃん、ただいまぁ!
さみしかった?もう大丈夫やで、ねえね、かえってきたからな。」「○っちゃん、大きくなって
お散歩行くとき、ねえねがお手手つないであげるから怖くないで!」などなど、上から目線で
一生懸命愛情を表現しています。わたしが手が離せないときにムスコが泣くと血相を変えて
「ママ、早く!泣いてる!」と呼びに来たり、先日は抱っこしてみた、と言いびっくりして振り向くと
かなり危うい感じでしたが抱っこしていました。ムスコ、迷惑そうな顔でギャン泣き・・・
でもムスメの優しい気持ちがほほえましい。歳の近いきょうだいのような育ちあいはできない
かもしれないけれど、お互いを大好きでいられる関係は築けるかな~築いてほしいなと
思います。

お付き合いくださりありがとうございました。
次回、たまりにたまっている写真なんかをアップできたらいいな~いつになるかな(笑)
みなさんパスワード覚えていらっしゃるかな~(笑)





kumako
日々のこと   2 0

PREV | HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。