fc2ブログ
ご無沙汰しております2020
気づけば1年放置してしまっておりました。
まだ、見てくださっている方がいるでしょうか?


2012年9月に産まれたムスメは早くも小学校2年生。「ママ、肩出しの服買って!」「マジ可愛い~マジやば~」なんて言うようになりましてすっかり一端の女の仲間入りしております。入学当初は1人でエレベーターでお友達と待ち合わせできなかったり帰宅できなかったりしていましたが、今や登下校はもちろん、ちょっとしたおつかいまで1人で行くように。慎重、心配症なところもありつつも、描いた絵が入選して賞状をもらったことで火がつき、漢字検定を受けたり、今年はピアノのコンクールに挑戦するそうな(え、めんどくさって思ってしまったことはナイショ)。
2018年2月に産まれたムスコは2歳6か月。頭にはたらく車が咲いてる元気ボーイ。昨年わたしの復帰時には認可保育園に落ち、1年すごく少人数の認可外保育施設でとても可愛がられスクスク育ち、この春から晴れて認可に通いますますパワーアップ!早生まれ男子やし、歳の離れた姉がいる甘えん坊キャラなのか、登園するとすぐに右手、左手をクラスの女子に取られて連れて行かれるムスコ…まんざらでもない顔してますよ。やんちゃでPCをガンガンするから撤去…ハイそのせいでブログからますます遠のき、今はスマホから投稿してます。


そしてなんと!



2020年8月、まさかまさかの第三子、ムスメ2が誕生いたしました!!!こちらの経緯もちゃんと残しておきたいなと思いつつもどうかなー?かけるかなー?見る人いるかなー?

今日久々に更新したのはムスメ2の誕生のご報告とともに、自分の今の気持ちを残すため。このブログを始め、双子を失ったあの頃、まさか自分が3人の子の母になるなんて想像もしてなかった。あの頃不安や喪失感でいっぱいだった自分に今のことを少しでも伝えられたらどれだけ救われたかな。そう思うとこれからの目まぐるしい日々の中、忙しさの中イライラしたり、キーってなったり、自分の時間がないって嘆いたり、そんな自分に落ち込んだりすると思うけど、そんな時間は永遠には続かない。子どもとの物理的な距離が離れ、ママママと呼ばれぐったりだった日々を懐かしく思い出し、1日でいいから戻りたいと思う日が必ずやってくる。だから今の時間を完璧じゃなくてもいいから、やってきてくれた子どもたちとともに楽しんで過ごそう。部屋が散らかり放題でも、ごはんが手抜きでも、少々やることやらずに遊んでても、とにかく健康でいることに感謝して仲良く暮らしていこう。
自分の選んだ道をこれでよかったと言える道にできるのは自分だけ。
よーし!頑張るぞ!


生後3日目のムスメ2です。さあ、どんな子に育っていくのかな?

スポンサーサイト



kumako
未分類   1 0

2019年☆夏
いやぁ、半年も放置してしまいました!

0歳のムスコなんぞ、もうおりません。いるのは1歳半になる超いたずらっ子のムスコですよ。
冷凍庫を勝手に開け、チューチューを取出し齧る。トイレへ行けばトイレットペーパーをせっせと
ちぎり、便器に放り込む。ベランダに出ればプランターの砂をかわいい笑顔でまき散らす。
ルンバかければ上に乗る。台を見れば登る。ドッグフードを見れば食べようとする。
ムスメの倍は大変。これが男児なのか・・・と驚愕します。でも、でも、かわいくてたまらない。
まだママって言わないけど、たまにマママっていうのを絶対まんまのことだと確信してるけど
ママだってかすかに信じて頑張っています。


4月になり、ムスメは小学生になりました。まぁいろいろあります。幸い、学校行きたくないとかは
言わないので、いろいろいろいろありますが、学校行ってるだけヨシとします。
民間学童はとても楽しんで通っており、さらにとっても丁寧に対応してもらっているので、経済的には
大打撃ですが2学期も継続して通わせます。ムスメのいろいろいろいろはまたあらためて書いてみたいと
思います。(いつになるやら)

ムスコはムスメの学童と同じところの認可外へ。超少人数なため、これまた手厚く見てもらっており、
早生まれのムスコにとっては認可に入るよりゆったりまったりムスコに合わせてみてもらうことができて
良かったかもしれないなと今は思います。

わたしは復帰し、忙しすぎずヒマすぎない絶妙な仕事量を保ちながらやっております。正直重要な仕事
からは外れていてやりがい的には?もありますが、今はありがたくこのポジションを守りつつ、ゆるやかに
やっていけばいいかなと思います。


ムスメはムスコが大好きで、大事なものを壊されたとき以外怒ることもなく「可愛い~かわいい~」
とお世話してくれます。ムスコもお姉ちゃん大好き。なのでしょっちゅう二人でケラケラ笑い転げていて
くれるので助かります。今朝もホットケーキを作るムスメと同じことがしたくてたまらないムスコに
味噌マドラーを与えてお手伝いさせてくれてました。先日はキャンプに行きましたが、キックボードに
ムスコを乗せて全力疾走していました。さすがに必死に追いかけて止めましたが、ムスコはケラケラ
笑って何度も何度も姉にのせてくれとせがんでいました(笑) 強いな、男子。


そんなこんなでご無沙汰しておりましたが元気に夏を過ごしております☆





kumako
未分類   2 0

0歳のムスコと過ごすラストの日々

明後日はムスコの誕生日。はやいなぁ、もう1歳になるのか。
伝い歩きしながら目が合うとにっこり歯を見せて笑うムスコ。
かわいくてたまらなーい。


思い返せば2年前の今頃は、初めての採卵に向けて準備していました。
気合十分だったのに、エコーで瞬殺。先生に「ああ、これダメだ」と
言われ、何が何だかわからないまま台を降りて診察室へ。巨大化した未破裂卵?
が残っていて先へ進めないと言われ呆然として職場へ向かっていた気がします。
そして1年前の今頃は、勝手に予定日より早く生まれるだろうと思い込んでいた
ので予定日が迫ってきてひとり焦っていたなあ。


なかなか授からなかった2人目ですが、ついに自然妊娠をあきらめいきなり
高度治療へ。瞬く間にお金がびゅんびゅん飛んでいきましたが、初めての採卵、
初めての移植で無事に妊娠でき、無事に継続でき、無事に出産できて
本当によかったと思います。かわいいかわいいムスコを見ていると、ほんとうに
奇跡の塊だなと思うし、ムスメもそうだけどこの子たちの未来がどうかどうか幸せ
でありますようにと願わずにはいられません。



保育園には落ち、行かせる予定の認可外の保育園からはなかなか連絡が来ず
やきもきする毎日ですが、とりあえず今日と明日は0歳のムスコを思いっきり堪能
します。ムスメもムスコの誕生日を心待ちにしています。なぜならムスコの誕生日
プレゼントがキックボードみたいなやつにもなる三輪車だから(笑)キックボードが
欲しかったムスメ、「わかってる、わかってる。これは○ちゃんのプレゼントだから。
でもねぇねもちょっとだけ遊ぶから。」と狙っています。
当日は大々的にはお祝いしないけど、食パンと水切りヨーグルトでケーキを作り、
派手に食べ散らかしてもらいます。23日、ムスメの発表会で両家のばぁばが
来るのでそこでおもちを背負ってもらおうかな。

11か月も終わりのムスコ、最近の様子。
・ 型はめのおもちゃが大好き。いろんな形はまだ難しいのですが、ばぁば作の
ペットボトルのふたをフェルトで貼りあわせたものをタッパーのふたに開けた
穴から落とすおもちゃは上手にやります。何度も何度も黙々と落とす様子に萌えます。

・ クリスマスにもらった手押し車に自分で乗れる。まだ自分で進むことはできない
ので乗って笑ってる(萌)。お姉ちゃんが押して家じゅうを走るのが好き。

・ コップでお茶はへたくそなくせに、お風呂に入るとコップのおもちゃで上手にお湯を
飲んでいる(謎)。

・ 「まー!」っていう。たぶんママだと思う(感激)。でもごはんの時にもまー!って言う・・・。

・ アレルギー疑惑浮上。先日入浴後に蕁麻疹が。夕食に出したもので怪しいと言えば
たまごといちご・・・どっちも初めてじゃないけど保育園も行くし、念のため検査中。


ムスコ、産まれてきてくれて本当にありがとう。大好きです♪


kumako
日々のこと   4 0

まさかの

ムスコ、保育園落ちたYO!




明るく言ってみましたがまさかの保育園落ちました。しかも第一希望のみならず
全滅。全滅ー!!!

全滅って。わたし、フルタイムで働いてるんですけど?

先生の言葉にもう入れる気でいましたが、先生は何気なく言っていたようで、先生方も
めちゃ驚いたそうです。去年や一昨年は2倍弱だったのに今年はなぜか6倍を超える
倍率で、きょうだい枠の加点のある子も1人しかいないと思われていてきっとムスコは
来ると思って下さっていたそうな。


落ちた当日はえーっ!って感じでしたがじわじわ次の日やその次の日に
残念な気持ちに襲われました。今、絶賛喪失感に見舞われ中です。

さて、今後どうするか。仕事辞める?
いいねぇ~最高!辞める辞める~でもお金ナイから無理。
育休延長?ムリムリ。よう言わん。しかもこれ以上休むと自分の容量的にも
無理。そろそろ戻らないと勘ってそんなにすぐ戻らないし。


というわけで認可外保育施設へGO!
幸い、ムスメが4月から行く予定の民間学童が(年末にオープンしたばかりの
ぴかぴか学童)4月中に企業主導型保育園を学童の下にオープンするので
そちらへさくっと予約しました。施設はきれい、たぶんオープン時には子どもは
まだ少なくて手厚く見てもらえる(であろう)、給食は自園調理だし、なにより
ムスメとムスコを同時にお迎えできるなら悪くない気がします。
認可外だけど企業型だし、きょうだい割引効くしで保育料も3万切るらしいので
まぁこれはこれでよかったのかもしれない。と、無理やり思い込もうとしています。

ムスメは学童週3利用で4万円強。でも近所の習い事に限り送って行ってくれるし、
宿題はきっちり見てくれるし、英語、プログラミング、習字の習い事込だし、保育園の
同じクラスのお友達(学校はみんな別)も通う予定だしできっと嫌がらずに行ってくれる
であろうことを考えれば高いけど許容範囲。あとはムスコがどこかのタイミングで
卒園までいられる保育園に入れればよいのですが、また環境を変わらなきゃいけない
ことだけがかわいそうかな。


だいじょうぶ、だいじょうぶだいじょうぶ。保育園落ちたって人生は続く。
きっと大丈夫。通知を見てからというもの、ずっとこんな感じでブツブツ唱えてます。
誰か、はげましてー!神様、いいことをわたしに!



kumako
日々のこと   2 0

夫が…いや、男が・・・

以前ブロ友さんがご主人のポンコツぶりを記事にされていて、激しく
共感しながら読ませていただいておりました。今日はわが夫のポンコツ・・・
いや一応フォローしますとわが夫は家事も育児もかなりやってくれる方なのですが
いかんせん女脳と男脳の違いでしょうか。とにかくイラッとするんですよね。
まあそんなわが夫のイラッとエピソードをご紹介します。

・ 好き嫌い多い夫。いい大人が好き嫌いしてんじゃねーよ!と悪態つきたくなりますが
せっかく出しても食べてくれないのはこちらとしても労力の無駄なので基本あまり嫌いなものを
出しません。それでも子どもがいますからね、ある程度は出さざるを得ない。先日かぼちゃの煮物
を出していました。ムスコも食べられるようかなり薄味にしていたのですが、あまりかぼちゃが好きで
ないうえにお腹がいっぱい(すごい小食)のムスメは「かぼちゃ辛い・・・」といいます。
するとかぼちゃ嫌いの夫「味が濃いんかな」ですと。濃くないし。するとさらに「かぼちゃのアクかな。」だって。
アクないし。赤ちゃんでも食べられる野菜ですけど。イラッ。

・ わが家の洗濯事情はおしゃれ着以外は洗濯→乾燥なのですが、夫はどれがおしゃれ着に属するのか
判別できない。まぁそれは仕方ないとしよう。夫は着るものに無頓着なので安物を着ていますのでね、
おしゃれ着とは思えないのでしょう。いいよ、乾燥なさい。でもムスメの服はあなたの服より高いのでね、
乾燥機かけないでっ!何度言っても覚えません。しょっちゅうムスメの大切なワンピースが乾燥機から
出てきてキャーってなります。イラッ。

・ おなじく洗濯物を畳んでくれるのはありがたいのですが、ムスメやムスコの服が洗濯機の上に
積まれている。なぜしまわないのか聞くと場所がわからないとのこと。わが家の子どもたちの服は
リビング横の洋室にあるたった4段のチェストに収納。各自2段ずつ。どうしてそれがわからないのか。
覚える気ゼロ。同様にわたしのパジャマと普段着が見分けつかない、と洗濯機の上に放置。
パジャマ2つしか持ってませんけど。イラッ。

・ お出かけするとき、前日に「明日は8時に出発」とか言ってきます。最初の頃はそれを真に受け
逆算して一生懸命起きて準備していましたが、最近は夫が何時と言おうがそれプラス1時間遅めで
逆算するようになりました。なぜなら夫は自分が言った出発時間にならないと起きないので。
男の人はいいですよ、起きて顔洗って着替えてハイ出発ですから。でも女性はそうはいかない。
おまけに今は子ども2人分の朝食から身支度までお世話必要。家事だってありますからね、
お出かけしようと思えばそれ相応の準備があると思いますがいつまで独身気分でいるんだと
怒りがこみ上げます。イラッ。

・ 家にいるときは必ずムスコをお風呂に入れてくれます。それはいいんだけど、ムスコが
きれいになるとすぐピッ♪「お風呂で呼んでいます♪」と呼び出し音が。
いいんだけどね、入れてくれれば。でもその間わたしだってのんびり座ってるわけじゃなく
晩ごはんの洗い物したりムスメの配布物に目を通してたり、お茶飲んでたり(え)する
のでね・・・またそれ中断してムスコを受け取りに行かなきゃいけない。あなたがいない日は
わたしムスコもムスメもお風呂いれて3人で上がって、自分びっしょびしょでさむーって
言いながらムスコ拭いて保湿してパジャマ着せてって奮闘してるんだけどね・・・
察して?イラッ。

・ 休日前はだいたいリビングで寝落ちしてる夫。たしかにね、床暖房でほんのりあったかく、
ムスメの激しい寝言やムスコの夜泣きがまったく聞こえなくてよく眠れるよね。でもさ、
それで朝くしゃみして「あー風邪ひいた」っていうのはやめてくれ。自己管理能力が
低すぎて引く。イラッ。


でも優しい夫です。声荒げて怒ることとかないし穏やかで子どもともよく遊んでくれる。
ここでイラッとエピソードを吐き出したらまた感謝して仲良くやっていきましょう。
・・・夫もわたしにイラッとすること多々あると思います、聞くのめっちゃ怖い(笑)
kumako
日々のこと   4 0

PREV | HOME |